名古屋大などがゲノム編集技術で開発した、糖度が高いトマト(名古屋大提供)

 遺伝子を自在に改変できるゲノム編集の技術を使い、通常よりも甘いトマトを名古屋大などのチームが開発した。実の糖度は通常のトマトより約3割高く、大きさや収穫量は同程度。栽培に特別な技術は不要という。

 名古屋大の白武勝裕准教授(園芸生理学)は「開発した技術が広まれば、安くておいしいトマトを安定して届けられるようになる」と話す。通常のトマトを甘くするには、与える水を可能な限り減らすといった特別な栽培技術が必要で、収穫量が少なくなるのが課題だった。

 ゲノム編集技術を使った食品では、血圧を下げる成分を多く含むトマトや、肉厚なマダイの販売が国内で始まっている。