イタリア・パッソコレゼにあるアマゾン・コムの配送センター=3月22日(ロイター=共同)

 【ローマ共同】イタリア競争監視当局は9日、優越的な地位を使って競争を阻害したとして、米インターネット通販大手アマゾン・コムに約11億3千万ユーロ(約1450億円)の罰金を科したと発表した。欧州では米巨大IT企業に対する監視の目が強まっている。

 ANSA通信によると、アマゾンは「制裁は不当で過度なものだ」とする声明を出し、不服申し立てをする意向を示した。

 イタリア当局によると、アマゾンはイタリアの電子商取引市場で、支配的な地位を使って出店業者にアマゾンの配送サービスを使うよう仕向けたという。