「民主主義サミット」でのバイデン米大統領=9日、米ワシントン(ロイター=共同)

 オンライン形式の「民主主義サミット」で演説するバイデン米大統領。右はブリンケン米国務長官=9日、米ワシントン(AP=共同)

 民主主義サミットで発言する岸田首相=10日未明、首相官邸(内閣広報室提供)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は9日、初の「民主主義サミット」をオンラインで開催した。演説で中国やロシアを念頭に、専制主義勢力の「影響拡大」と「民主主義の後退」への危機感を表明し、「民主主義の再生が喫緊の課題だ」と訴えた。10日まで2日間の日程で「民主主義を強化し、専制主義を押し返す具体的な取り組みを共有したい」と決意を示した。

 約110カ国・地域の首脳らを招待。ホワイトハウスによると、参加は日本や台湾を含む90以上で首脳級会合としては異例の規模。岸田首相は「深刻な人権状況にしっかり声を上げていく」とし、国際機関への1400万ドル拠出を明らかにした。