ドーナツの販売を体験する児童ら=牟岐町地域活性化センター

 県内の大学生らでつくるNPO法人グリーンバード徳島チームは28日、牟岐町河内の町地域活性化センターで交流イベント「オニカフェ」を開いた。町内外から訪れた大勢の子どもたちが、地元の食材を使ったドーナツの販売などを体験し、終日、親子連れらの歓声が響いた。
 
 地元産の新鮮なヒジキやイカスミ、テングサ、ユズを使ったドーナツ4種類が並ぶ「カフェ・オニドーナツ」では、町内外の児童がドーナツ作りや販売にチャレンジ。注文を受けると、大学生に手伝ってもらいながら商品を運んだり、ドーナツを揚げたりした。
 
 このほか、ペットボトルロケットなどを作る科学体験コーナーや、3月の「牟岐・出羽島アート展2015」に参加した作家のTシャツなどを販売するブースもにぎわった。
 
 グリーンバードのメンバーで、徳島大3年の新居紗知(さち)さん(20)=徳島市=は「地域の活性化につなげられるように活動を続けたい」と話した。