顔写真入りプレートを受け取った藤重さん親子=美馬市役所

 美馬市は、満1歳を迎えた市内の子どもに記念品として、顔写真をレーザーで焼き付けた木製プレートのプレゼントを始めた。
 
 プレートは縦12センチ、横15センチ。同市木屋平地区のヒノキを使っており、立てて飾れるように台座が付く。希望者から子どもの写真を提出してもらい、間伐や木材加工などを手掛ける市の第三セクター・ウッドピアが約1カ月かけて制作する。
 
 また、同市観光協会のマスコットキャラクター「うだつまる」と木屋平地区のマスコット「きころん」をそれぞれ刻印した、円形の木製プレート(直径9センチ、計6枚)も併せて贈る。本年度の事業費は190万円。
 
 長男琉雅ちゃんのプレートを受け取った藤重亜利沙さん(21)=同市脇町脇、会社員=は「顔がきれいに写っていて、木の温かみを感じる。いい思い出になります」と笑顔を見せた。
 
 同市の2014年度の出生数は179人。