ビンゴゲームを楽しみ、あななんから景品をもらう子どもら=阿南市富岡町の阿南光のまちステーションプラザ

 阿南市富岡町の阿南光のまちステーションプラザで、館内にある市物産館と観光案内所のオープン1周年記念イベントが開かれ、多くの家族連れらでにぎわった。

 市内外から約500人が来館。同市のゆるキャラ・あななんも登場し、あななんをデザインしたグッズなどがもらえるビンゴゲームをして楽しんだ。市特産の竹やLEDを使った工作体験もあった。

 あななんの文房具を買いに物産館をよく訪れる上部人和君(6)と心愛ちゃん(3)の兄妹は「あななんが大好き。会えてうれしい」と満面の笑顔だった。

 物産館と観光案内所は、市が2014年7月5日に開設。椿泊産の天然ワカメや新野産のタケノコなどの特産品を販売するほか、市内の観光スポットや宿泊施設を紹介している。