徳島を元気にする事業プランコンテスト「とくしま創生アワード 2018」。
とくしま創生アワード実行委員会は、2018年7月26日㈭に東京セミナーを開催します!

テーマは『徳島の可能性』。メディアドゥホールディングス代表取締役の藤田恭嗣さん(徳島県那賀町出身)が基調講演。徳島の若手起業家らを交えたトークセッションも行います。
阿波踊りや阿波藍といった徳島の地域資源、地方創生、徳島での起業、徳島へのU・Iターン
…などに興味のある皆さま、ぜひご参加ください!!

 

参加無料



 
参加無料

 

藤田恭嗣さんは大手企業の代表を務めながら、地元特産の木頭ゆずの加工品を生産する「黄金の村」を設立するなど、古里・那賀町の振興に情熱を注がれています。
イベントでは、藤田さんに起業による地域振興などについて基調講演をいただきます。

その後のトークセッションでは藤田さんがゲストスピーカー、徳島大の山中英生教授がコーディネーターとなり、徳島県在住の若手起業家3人と意見を交わします。「観光」「ワイン」「水産業」の各分野で取り組む3人の経験談を聞きながら、参加者の皆さまとともに徳島の可能性について考えたいと思います。

当日は参加者の皆さまと交流できる時間もご用意します。
気軽に意見交換してください!
「とくしま創生アワード2018」の募集要項についてもご説明いたします。


とくしま創生アワード2018 東京セミナー概要

  • 日時:2018年7月26日(木) 19:00-21:00(開場18:30)

 【 タイムスケジュール(予定)】
・19:00-19:05 オープニング
・19:05-19:35 基調講演 
・19:40-20:55 トークイベント・パネルディスカッション
・20:55-21:00 クロージング
  ======以降、交流会========

  • 場所:株式会社メディアドゥホールディングス本社
    (〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F)地図
  • 参加申込 https://peatix.com/event/401637 (peatixから申し込み)
  • 定員60名
     


<登壇者>

藤田 恭嗣さん

 

 

 株式会社メディアドゥホールディングス 代表取締役 社長執行役員CEO 1973年、徳島県那賀町(旧木頭村)出身。1994年大学3年生時に創業、大学卒業とともに法人を設立。「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ」をビジョンに、電子書籍などのコンテンツを世界へ向けて流通できるプラットフォームを提供する電子書籍流通事業を展開。電子書籍の国内取次市場シェアでは国内最大手となっている。2013年東証マザーズ上場。2016年東証市場第一部へ市場変更。2017年持株会社体制へ移行し、会社名を「メディアドゥホールディングス」へ変更。また、徳島に合弁で「株式会社メディアドゥテック徳島」を設立。東証一部上場企業の代表を務める傍ら、故郷木頭の復興にも取り組んでいる。

 

 

井下奈未香さん

 

 

 

NATAN葡萄酒専門店 店主。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。1982年生まれ。奈良市出身。ワインショップで働きつつ、海外や大阪のワイナリーでワイン農業の研修を積む。2014年、結婚を機に徳島県三好市へ移住。16年、長年の夢だったワイナリー設立に向けてブドウ栽培を開始。18年にはJR阿波池田駅近くにワインショップを立ち上げた。今秋、初本格醸造を予定している。

榮高志さん

 

 

 

 

 

 株式会社AWA-RE代表取締役。つるぎ町地域おこし協力隊。1981年生まれ。大阪府出身。アメリカで演劇を学び、劇団「文学座」などに在籍し、俳優として活動する。東日本大震災以降、社会に貢献できることは何かと模索。ビジネススクールにて社会起業を学び、2015年ににし阿波(徳島県西部2市2町)の世界農業遺産登録を目指す活動を知り、つるぎ町へ移住。協力隊としてガイド業務や各種地域事業に携わり、観光資源の発掘や現地ネットワークの構築に尽力。2018年4月、観光による地域づくりを行う株式会社AWA-REを設立した。とくしま創生アワード2017ビジネス部門ファイナリスト。

早川尚吾さん

 

 

 

  一般社団法人Disport理事。1987年生まれ。愛知県出身。南山大卒業後、総合商社に入社。インドネシア赴任を機に日本再興の可能性は地方にあると考えはじめ、最前線でその可能性を探りたいと思い転身。志を同じくする高畑拓弥氏と共に2016年に起業し、海陽町で教育と産業の両面から地方創生に取り組む。18年にはカキの養殖を行う新会社「株式会社Re:Blue(リブル)」を立ち上げ、社長を務める。

 


山中英生さん(コーディネーター)

 



 

 

 徳島大学教授 徳島大学地域創生センター副センター長。1959年京都府生まれ。80年京都大工学部交通土木工学科卒。82年同大学院修士課程修了。博士課程、同大助手を経て89年8月から徳島大工業短期大学部へ。93年同大助教授、97年から教授。

 


 

主催

とくしま創生アワード実行委員会(徳島県・徳島新聞社・徳島県信用保証協会・徳島
経済研究所・徳島大学・徳島文理大学・四国大学)

協賛

阿波銀行・徳島銀行・JAバンク徳島・徳島合同証券

協力

株式会社メディアドゥホールディングス・東京徳島県人会

とくしま創生アワード

地域密着型ビジネスや、地域ににぎわいを生むイベントなど、徳島の元気につながる事業プランを広く募集し、実現を支援するコンテストです。
とくしま創生アワード実行委員会が、国内外で活躍する徳島県ゆかりの経営者の
方々と共に、徳島県とチャレンジする!アイデアを募集し、表彰・支援(支援金ほか)する
事業です。
第1回(2016年)は117件の応募から、クラウド技術を活用したタクシーの配車サービスを提供する「電脳交通」がグランプリを受賞。
第2回(2017年)は71件の応募があり、徳島大発のベンチャー「株式会社セツロテック」の「徳島からゲノム編集産業を世界へ」がグランプリに選ばれました。


第3回(2018年)は、現在募集中!
締め切りは8月20日。たくさんの応募をお待ちしています!
http://www.topics.or.jp/award