徳島ひょうたん島水都祭で川に浮かべたござの上を走る参加者=徳島市の新町川

 水都・徳島市の魅力を発信し、中心市街地の活性化につなげる初のイベント「徳島ひょうたん島水都祭2015」(実行委主催)が11日、藍場浜公園一帯で始まった。12日まで、アシ舟作り体験や水上ござ走りレースなど多彩な催しが行われる。
 
 会場には約30店がブースを並べ、徳島の食材を使ったスイーツなどを販売。吉野川のアシを使って全長6メートルの舟を作るワークショップなどが開かれ、子どもたちがアシを束ねる方法などを学んだ。
 
 新町川では川に浮かべた長さ50メートルのござの上を走る「水上ござ走り選手権」があり、参加者は川に落ちないようにバランスを取りながら水上を駆け抜けていた。
 
 午後8時からは2千発の花火が打ち上げられる。