第5回を迎える全国公募の掌編小説コンクール「徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」の募集要領が決定しました。ぜひ、ご応募ください。

 【応募資格】全国公募(年齢、性別、職業、国籍は問いません)

 【作品】日本語で書かれたインターネットも含め未発表作品。徳島ゆかりの地域や文化、歴史、産業、人物などを作中に必ず登場させる。応募は1人1編に限る

 ※応募作品の変更、訂正、差し替え、返却はできません

 【枚数】400字詰め原稿用紙15枚以内(パソコンやワープロによる原稿の場合、400字詰め原稿用紙での換算枚数を明記すること)。縦書きを原則とする。表紙にタイトル、住所(徳島出身で県外在住の人は、その旨を記入)、氏名(ペンネームの場合は本名も)、年齢(生年月日)、職業、電話番号(あれば携帯電話も)を書く。作品にはページ番号を付け、右肩をホチキスでとじる

 【宛先】〒770―8572 徳島市中徳島町2丁目5番地2 徳島新聞社事業部

 ※メールでの応募はawashirasagi.bungakusho@topics.or.jp

 【締め切り】2022年6月10日(当日消印有効)

 【発表】2022年8月、徳島新聞紙上および徳島新聞電子版で受賞作を発表します。発表後、徳間書店の文芸誌「読楽」と「徳島文學」に転載します。受賞者は徳島新聞のインタビュー取材に協力していただき、写真やプロフィルも掲載します(受賞者の意向によっては本名を併記しないこともあり得る)

 ※過去の受賞作品は徳島新聞電子版でご覧になれます
第4回 https://www.topics.or.jp/articles/-/581576
第3回 https://www.topics.or.jp/articles/-/410348
第2回 https://www.topics.or.jp/articles/-/248210

 【最終選考委員】吉村萬壱さん、小山田浩子さん(ともに芥川賞作家)ほか

 【賞】阿波しらさぎ文学賞(賞金30万円)、徳島新聞賞(10万円=徳島県出身者または徳島県在住者から選ぶ)、徳島文学協会賞(3万円=25歳以下の応募者から選ぶ)

 ※入賞作品の複製権(出版権を含む)、映像化権などの利用権(二次利用を含む)は徳島新聞社に帰属します

 【問い合わせ】徳島文学協会事務局、電話080(6284)0296(日曜・祝日を除く9~17時)。選考経過に関するご質問にはお答えできません

 主催 徳島新聞社、徳島文学協会