不動産取引のシティ・ハウジング(徳島市)は、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に積極的に取り組むことを誓う「SDGs宣言」を策定した。

 アプリやSNSなどを駆使して、来店せずに部屋探しができるようにするほか、RPA(オフィス業務の自動化)の活用による長時間労働の抑制などを盛り込んでいる。徳島大正銀行が策定を支援した。

 主な取り組み内容は次の通り。

 【不動産流通を通じてお客さまに応じたライフスタイルを提供】

・入居者アプリ、LINEなどを活用した来店不要な部屋探しの提供

・外国人留学生の受け入れが可能な賃貸住宅の提供拡大

 【地域社会発展への貢献】

・地域の清掃活動、医療機関への健康器具贈呈、献血活動

・地元大学生に対するインターンシップの受け入れ、就活支援セミナーの実施

 【働きがいのある職場環境】

・公平公正な人事評価制度の制定

・RPAの活用による長時間労働の抑制、ノー残業DAYの実施

 【環境に配慮した経営】

・RPA、Webを活用したスムーズな取引、およびペーパーレス化への移行

・AI搭載型通信ドライブレコーダーの活用によるエコドライブの実践