申し入れの文書を提出する久次米尚武代表(左)=徳島市役所

 内藤市長リコール住民投票の会は27日、会が配布したリーフレットについて徳島市から抗議の文書が出されたのを受け、文書の取り下げなどを求める申し入れ書を内藤佐和子市長宛てに提出した。

 会は昨年12月下旬から、市長の政策判断や政治姿勢を問題視する内容のリーフレットを市内約11万戸に配布。市は事実と異なる点や不適切な記載があるとして、今月21日に抗議や訂正を求める文書を会に郵送し、24日から市ホームページ(HP)に市の見解を掲載している。

 申し入れ書では会への抗議に対し、文書作成に市職員が携わっているほか、公式HPを利用しているとして「市長による市政の私物化」と批判。文書の取り下げやHPの掲載削除を求めている。