第1シードの鳴門が2年ぶりの王座に返り咲くか、第2シードの鳴門渦潮が2連覇を達成するか。生光学園や城東など他の有力校も虎視眈々(たんたん)と甲子園切符に狙いを定める。例年にも増して白熱した戦いが予想される第100回大会をゾーン別に展望する。 

 

A 鳴門が総合力で優位

 ここ一番での勝負強さが光る鳴門が総合力で優位に立つ。

 打線はクリーンアップを軸に切れ目なく活発。投手陣も大崩れはなさそうで、大きな穴は見当たらない。

 追うのは春季大会準優勝の小松島。左腕エースの出来が浮沈の鍵。昨年の秋季大会第1シードで打撃力のある阿波との1回戦は注目のカードとなる。

 開幕戦に登場する小松島西は、2年生右腕の安定が好材料。城南は継投策で乗り切る構えで投手戦も見込まれる。徳島科技は打力を生かし序盤に主導権を握りたい。守りがよく鍛えられている海部は接戦に持ち込み勝機をうかがう。


B 城東を富岡西が追う

 第4シードの城東が一歩リードし、春季大会ベスト8の富岡西が追う。

 城東は投手力を武器に挑む。柱は右腕武口。4強の春季大会では準々決勝までの3試合で自責点0。控え陣も強豪校との練習試合で結果を残すなど成長している。

 富岡西は3投手を中心に最少失点での試合を目指す。中軸は長打力があり、順当ならば春季大会で敗れた城東とは準々決勝で当たる。

 板野は持ち味の機動力で先取点を奪えるか。新野は総体ブロック準優勝で波に乗る。名西は全員が複数ポジションをこなす。継投で勝利を狙う穴吹に対し、吉野川は足で揺さぶりたい。阿波西は部員12人で挑む。


C 鳴門渦潮・徳島商2強

 2連覇を狙う第2シードの鳴門渦潮を、春季大会8強の徳島商が迫る展開か。

 鳴門渦潮は昨年ほどの長打力はないものの、全員がつなぐ野球で得点を重ねる。タイプの異なる複数の投手を擁し、中軸を軸に切れ目がない打線は強みだ。

 徳島商は投手陣の出来がポイント。継投が予想される3人の右腕をいかにバックがもり立てられるか。投打の総合力はシード校に遜色ない。

 阿南高専は守りからリズムをつくりたい。本格派右腕を擁する城北、機動力を備える城ノ内、強打が売りの徳島北の戦いぶりも注目される。池田辻、那賀はチャンスでの一本が浮沈を握る。


D 生光学園など3校軸

 第3シードの生光学園に、投打でバランスの取れた池田と好投手を擁する脇町が挑む。

 生光学園は中軸の破壊力に機動力が加わり、得点力が向上した。投手陣も大量失点はなさそうで、総合力は高い。

 池田は故障で戦列を離れていた投打の柱が復帰し、上位に照準を合わす布陣が整った。城西と川島は強敵を相手にどこまで粘りきれるか。

 脇町は直球に自信を持つエースが生命線で、投打がかみ合えば上位進出も可能だ。順当なら2回戦で阿南工・阿南光との投手戦になるか。春季大会で公式戦初勝利を挙げたつるぎは夏の1勝を目指す。徳島市立は総力戦でまず1回戦突破に全力を尽くす。