グループ名「UMIPARU」を発表する海陽町ご当地アイドル=海陽町浅川のまぜのおかオートキャンプ場

 海陽町のご当地アイドルグループの名前が、「UMIPARU(うみぱる)」に決まった。まぜのおかオートキャンプ場(同町浅川)であった音楽イベント「夏音祭」で発表された。

 グループ名は町名「海陽」の2文字を「うみ・はる」と訓読みにして、アイドルっぽくかわいらしい響きに言い換えた。プロデュースする町活性化団体「あいのっく」が5月中旬からホームページでグループ名を公募し、6月末までに寄せられた82案の中から選んだ。

 海陽町ご当地アイドルは「大砂みう」「鈴ケ峰まーや」「母川ほたる」の3人で構成。同町のマスコットキャラクター「ふるるん」のアイドル版として、町の魅力を発信するため2月にデビューした。

 みうさんとほたるさんが夏音祭のステージに立ち、グループ名を発表した。みうさんは「これからは『うみぱる』として活動していきます。よろしくお願いします」とあいさつ。リズミカルなダンスやギターの弾き語りを披露し、子どもたちの人気を集めた。

 「うみぱる」は、8月1日の浅川港祭りや10日の宍喰港祭りに登場し、地域のイベントを盛り上げる。