新型コロナウイルス感染拡大で徳島県内でも自宅療養者が増え続けている。オミクロン株が主流の流行「第6波」は感染者が重症化しにくいとされているものの、容体が悪化したり、食料を確保できずに不安を感じたりといったケースもある。療養者からは、保健所の対応や、県の食料援助などが不十分だと指摘する声が上がっている…

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞IDに登録してください。