葉タバコを収穫する農家=阿南市下大野町

 阿南市下大野町で葉タバコの収穫が始まり、生産者が作業に追われている。8月上旬まで続く。

 同市下大野町松ノ本の農業河野卓祐(たかひろ)さん(43)方は、畑約1・5ヘクタールで3万本ほどを栽培。高さ約1・3メートルの茎に20枚近い葉が付き、河野さんら家族が手作業で収穫している。

 機械で5日程度乾燥させた後、高松市の日本たばこ産業(JT)中四国リーフセンター に出荷する。

 同市下大野町はかつて県南有数の葉タバコ産地で、約40年前は400戸ほどが生産していた。今は河野さんだけだという。