徳島市は17日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は過去最大の1063億1千万円で、21年度当初から1・8%増えた。新型コロナウイルス感染症対策の関連事業や、義務的経費の増加が主な理由。施策面では子育て支援や中心市街地活性化などに力を入れる。

 子ども・子育て支援の推進に向け、徳島駅前のアミコビルにある「子育て安心ステーション」の機能を拡充する事業に1067万円…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。