園児が利用する保育所などの施設で新型コロナウイルス感染が広がっているのを受け、感染リスクの高い室内での運動などを原則禁止する県の「感染防止対策集中取組期間」が21日、始まった。ただ、元気いっぱいに活動する子どもを預かる施設からは「禁止は不可能」と戸惑いの声が聞かれる。登園自粛の呼び掛けにも、共働きの保護者から疑問の声が上がった。

 「自由に歌ったり運動したりするのが子ども。その活動を排除するのは不可能に近い」。徳島市の認可保育園の園長は頭を悩ませる…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。