徳島県三好市池田町の三芳菊酒造が、幻の酒米と呼ばれる米の品種「亀の尾」で日本酒を醸造した。県内で栽培した亀の尾で酒を造りたいという徳島市の生産者と思いが一致して実現した。販売するほか、26、27両日に予定している三芳菊の酒蔵開放イベントで搾りたての新酒を来場者に振る舞う…

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞IDに登録してください。