徳島県教委は8日、公立高校入試一般選抜の試験会場となった徳島北高(徳島市)で、英語の試験終了を知らせるチャイムが鳴らず、別室受験者1人を含む全264人が受験した9教室で終了時刻に最大1分程度の差が出たと発表した。チャイムの設定ミスが原因。徳島北高は受験生に謝罪し、希望者には10日の追検査で再度受験できる措置を講じる。

 県教委によると…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。