名古屋ウィメンズマラソンは13日、名古屋市のバンテリンドームナゴヤ発着で行われ、徳島県勢は福良郁美(大塚製薬)が自己ベストとなる2時間25分15秒で7位(日本人4位)、招待選手として出場した川内理江(同)が2時間27分52秒で13位に入り、2人そろって2024年パリ五輪の代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(23年秋開催予定)の出場権を獲得した…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。