米田社長(右)から新調された優勝旗を受け取る松田会長(左)と兼松理事長=徳島新聞社

 徳島新聞社は29日、7月7日に開幕する第72回徳島県中学校総合体育大会(県中体連、県教委、徳島新聞社主催)の空手道の優勝旗4枚を県中体連に贈った。

 空手道は今大会から正式競技となり、男女の形と組手の計4種目で優勝旗を新調した。いずれも赤地で、中央に「優勝」の2文字のほか獅子や王冠、月桂(げっけい)樹があしらわれている。

 徳島新聞社であった贈呈式には、県中体連の松田雄史会長と兼松佳史理事長が出席。米田豊彦社長から優勝旗を受け取った松田会長は「2022年度には四国で全国高校総体が開かれる。そこでの活躍を目指す子どもたちの励みになる」と話した。

 徳島新聞社は12~17年に16競技の優勝旗を新調。今年で全競技の優勝旗がそろった。