高専生(中)に教わりながら、イルミネーション回路を作る中学生=阿南市の阿南高専

 阿南高専(阿南市)で9、10の両日、中学生を対象にした一日体験入学があった。県内外の約70校から約330人が参加し、ものづくりや専門的な技術を学んだ。
 
 LEDを内部に入れた造花を順番に点灯させるイルミネーション回路の制作、簡易スピーカー作りなどの講座があり、機械、電気、情報、建設、化学の5コースの教員、学生が講師を務めた。中学生は自分の興味のある分野の教室を訪れ、受講した。
 
 パスタの乾麺を使って橋の作り方を学んだ阿南中3年の中増愛里さん(14)と篠原由さん(14)は「思っていたより橋の構造は複雑だった。ますます建築に興味が湧いた」と話していた。