国の文化審議会は18日、海陽町大里の平岡家住宅の主屋や納屋、塀など5件を新たに国登録有形文化財にするよう、末松信介文部科学相に答申した。徳島県内の登録は90カ所208件(建造物)になる。

 平岡家住宅は海部川北岸に位置し、2階建ての主屋(約120平方メートル)は1872(明治5)年に建てられた…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。