見送りに来た人と別れを惜しむ家族連れ=午前9時40分ごろ、徳島駅前の高速バスターミナル

 お盆を徳島県内で過ごした帰省客のUターンラッシュが15日午前、始まった。徳島駅前や松茂町の徳島阿波おどり空港では、土産物を手にした家族連れらで混み合った。

 徳島駅前の高速バスターミナルでは京阪神に向かう高速バスが次々に出発。乗客が見送りの家族らと別れを惜しんでいた。阿南市那賀川町の祖父母宅で過ごした千葉県の小学2年成嶋彩葉さん(7)は「阿波踊りや川遊びが楽しかった。正月にまた来たい」と満足そうだった。

 徳島バス、JR四国バスとも15日の便はほぼ予約で埋まり、16日も満席の便が目立っている。

 徳島阿波おどり空港発着の日本航空と全日空の東京行きは、午前中の5便のうち2便が満席。午後は7便のうち6便が予約で埋まり、16日は終日ほぼ満席となっている。

 徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーは15日午後の3便が予約で満車になっている。