将棋の第56期王位戦7番勝負の第5局は26、27日の両日、徳島市で指され、後手の羽生善治王位(44)が124手で挑戦者の広瀬章人八段(28)を破り、対戦成績4勝1敗で5連覇を果たした。