「僕は、生まれつき手に障がいがあって、周りの人と少し違った生活をしています」。美馬市の岩倉中学校3年、笠井友斗さん(14)は左腕の骨の一部が欠け、右手の指が1本、左手の指が2本少ない。昨年12月、「心の輪を広げる体験作文」(内閣府など主催)で第2席になった作文の冒頭でこう記した。

 小さい頃から…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。