障害者野球チーム「徳島ウイングス」が14、15の両日に神戸市で開かれる第30回全国身体障害者野球大会に出場する。3年ぶり3度目。新型コロナウイルス禍での大会中止や出場辞退という逆境を経験しながらも選手は一層、奮起。悲願の全国初勝利をつかむため練習に励んでいる。

 ウイングスは2015年に結成。全国大会は17年に初出場し、福島県代表に0―10でコールド負けした。2度目の19年は岐阜県代表に4―5で惜敗した。20年も出場が決まっていたが、コロナ禍で中止になり、21年は選手の家族に医療・介護関係者が多いため辞退した。今年は20年の出場権がスライドし、参加が決まった…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。