国民民主党徳島県連は14日、徳島市のホテル千秋閣で常任幹事会を開いた。今夏の参院選徳島・高知選挙区の候補者擁立に関して、仁木啓人幹事長が「幹事長の職をかけてやりたい」と述べ、候補を立てることができなければ辞任する考えを表明した。

 仁木氏は冒頭のあいさつで「改革中道の軸を立てるために県連を結成した」とし、有権者に選択肢を示す責任があると強調した…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。