『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』(仮) 劇場版「リバイス・ドンブラザーズ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

 2年ぶりに制作される2大ヒーローの2本立て映画『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』シリーズ最新作『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』(仮)が、7月22日に公開される。先月29日から劇場限定で公開されていた本作の“超特報”が、ファンからのリクエストに応えてWEBでも解禁となった。

【動画】ドンモモタロウが大暴れするハチャメチャな超特報映像

 毎週日曜日午前9時からテレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーリバイス』は、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイス(声:木村昴)と契約を結ぶことで、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身。人間と悪魔がバディを組んだ“一人で二人”最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描く仮面ライダーの生誕50周年記念作品。

 3月6日から放送開始したスーパー戦隊シリーズ第46作目となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30/テレビ朝日系)は、日本の昔話「桃太郎」をモチーフに主人公の桃井タロウがドンモモタロウ(レッド)に変身し、お供であるサルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)そしてオニシスター(イエロー)とともに人間の欲望から生まれるモンスターに立ち向かうルックスもチームワークもデコボコで“超個性的&クセ強な”異色のスーパー戦隊作品となっている。

 “超特報”は、仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイス、ドンモモタロウから映画館に遊びに来た人へのメッセージ。仮面ライダーリバイとドンモモタロウ、2人の掛け合いが続く中、舞い上がってしまったドンモモタロウのド派手な振る舞いにビックリ仰天。仮面ライダーバイスでさえ、「やバイッス!」とツッコんでしまいそうなハチャメチャ展開となっている。

 先月29日から劇場のロビーで流れていました“超特報”だったが、「遠くて劇場まで見に行けない」「近くの劇場が流していない…。でも観たい!」といった声が。その期待に応える形で、WEBで公開することが決定した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。