昨年11月9日に99歳で亡くなった徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの遺骨が、生誕100年の誕生日となった15日、同市国府町の四国霊場17番札所・井戸寺に納骨された。納骨式で親族の瀬戸内啓資さん(57)=同市東大工町2=や寂聴塾の教え子、ファンら約160人が焼香を行い…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。