新型コロナ対策で営業を停止した商店が並ぶ通り=10日、北京(共同)

 【北京共同】中国の都市部の16~24歳の4月の失業率が過去最高水準の18・2%に達したことが16日分かった。中国国家統計局が明らかにした。新型コロナウイルス流行で中国経済の下押し圧力が強まる中、大学新卒を中心とした若者の雇用が不安定になっており、習近平指導部は対策に腐心している。

 統計局のデータベースで確認できる2018年1月以降で最も高い。中国の卒業シーズンは夏ごろで、コロナ禍の影響が当初顕在化した20年7月と8月でも失業率は16・8%だった。

 都市部全体の今年4月の失業率は6・1%で上昇傾向が続いた。