ロシアのリャプコフ外務次官は16日、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請すれば「重大な過ちだ」と指摘した。「(ロシアが)状況の変化にただ甘んじるという幻想を抱くべきではない」とも述べ、対抗措置を取る考えを示唆した。タス通信などが伝えた。

 リャプコフ氏は、NATO加盟は「スウェーデンやフィンランドの安全保障を高める結果にならないことは明らかだ」と主張。ロシアがどのような対応をするかは両国の加盟がもたらす結果次第だとし、NATO拡大で「軍事的緊張は高まり、予測可能性は下がる」と懸念を示した。(共同)