記者会見する日本維新の会の岬麻紀衆院議員=16日午後、国会

 日本維新の会の岬麻紀衆院議員(比例東海)は16日、国会内で記者会見し、2019年参院選の選挙公報の経歴に虚偽の疑いがあるとして刑事告発されたことを巡り「確認が甘かった」と釈明した。経歴に二つの大学の「非常勤講師」と記載したが、実際はビジネスマナー講座などの講師を委嘱されていたと説明。大学が定義する「非常勤講師」ではなかったと認め、議員報酬1カ月分を寄付する意向を示した。

 岬氏は「有権者をお騒がせしたことを反省した」と述べた。

 同席した藤田文武幹事長は、岬氏を口頭で厳重注意したと明らかにした。