【ワシントン、ブリュッセル共同】ジャンピエール米大統領報道官は16日の記者会見で、北欧フィンランドとスウェーデンが表明した北大西洋条約機構(NATO)加盟申請方針に関し「正式に申請すれば強く支持する」と述べた。英仏も同日、支持を表明した。NATOのストルテンベルグ事務総長はスウェーデンの方針決定を「歓迎する」とツイートし、欧州の安全保障強化に期待を示した。

 ジャンピエール氏は北欧2カ国について「米国やNATOの緊密で大切な防衛パートナーだ」と強調。「NATOの門戸開放政策、各国が自国の外交、安全保障体制を決定する権利を信じている」と語った。