ロシア外務省は16日、スウェーデン政府が北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を正式表明したことについて「加盟は北欧と欧州全体の安全保障に重大な損害を与える」と批判する声明を発表した。

 声明は、NATO加盟がスウェーデンの安全保障を高めることはなく、逆に外交に関する主権を失う結果になると指摘。「このような決定はスウェーデン国民の長期的な利益にはならない」と主張した。

 その上で、ロシアは自国の安全保障確保のため軍備面を含む必要な対抗措置を取らざるを得ないと警告。今後の対応はNATO加盟後の具体的な条件によるとし、とりわけスウェーデン領内にNATOの攻撃兵器が配備されるかどうかの見通しにかかっていると強調した。(共同)