【ストックホルム共同】北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請する方針を正式表明した北欧スウェーデンとフィンランドで、申請に向けた国内の手続きが始まった。フィンランド議会は16日から討議入りし、17日にも申請を正式決定するとみられる。スウェーデンメディアによると、既に同国の申請書類はそろいフィンランドの決定を待機している状態で、週内にも同時にNATOに申請する可能性がある。

 スウェーデンのアンデション首相は16日の記者会見で2カ国同時申請の意向を表明。フィンランドのハービスト外相は「おそらく18日に申請するだろう」と述べていた。