16日、米ホワイトハウスで記者会見に臨むジャンピエール米大統領報道官(UPI=共同)

 【ワシントン共同】「私は黒人、同性愛者、移民女性。いずれの面でもこの立場に就いたのは初めてだ」。ジャンピエール米大統領報道官は16日、副報道官から昇格して初めての記者会見をホワイトハウスで開いた。「私の前に何世代にもわたって障壁を破った人たちがいなければ、私はここにいなかっただろう」と述べ、差別や偏見と闘った先人への感謝の言葉を述べた。

 会見冒頭「ここにいられるのは光栄なことだ」と強調。「この政権は歴史的に見て多様性があるというだけでなく、副大統領や閣僚、高官、最高裁判事指名など障壁を破った人たちばかりだ」と語った。