自民党の福田達夫総務会長は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染対策のマスク着用に関し、屋外で人との距離を十分に確保できるなら不要との認識を示した。松野博一官房長官も同様の考えだとして「非常に合理的だ。適切にマスクを外すのは社会の中である程度の認識ができ始めている」と述べた。

 同時に「夜に街中を1人で散歩し、周りに誰もいない時もマスクを着けなければならないのか」と指摘。「マスクを着けていない人を遠くから見かけて非難するのが正しいとは全く思わない」とも主張した。