北海道・知床沖の観光船の沈没事故発生時、事務所にいるべき「運航管理補助者」に選任されていたのは、船長だけだったと運航会社社長が国土交通省に説明していたことが分かった。同省が17日、立憲民主党のヒアリングで明らかにした。