損傷した地中の送電線が入ったパイプ=17日、川崎市麻生区(同市提供)

 横浜市青葉区などで13日夜に発生した大規模な停電について、川崎市は17日、市発注の水道管工事で施工業者が地中の送電線を損傷させたのが原因だったと発表した。施工業者は「図面で送電線があることは認識していたが、正確な位置を確認しなかった」と説明しているという。

 川崎市によると、工事は同市麻生区上麻生2丁目の市道で、13日午後10時ごろに開始。地盤を固めるため、薬液注入用のパイプを地中に打ち込んだところ、埋設されていた送電線を損傷した。

 直後の同10時半ごろに停電が発生。14日午前2時ごろ、東京電力の社員が現場を訪れたため、工事を中断した。