任期満了に伴う上板町議選(定数14)は13日、投開票され、新議員の顔触れが決まった。定数を1上回る現職11人、元職1人、新人3人の計15人で争った結果、現職10人と元職1人、新人3人が当選。現職1人が涙をのんだ。投票率は72・75%で、2011年の77・78%を5・03ポイント下回り、過去最低を更新した。
 
 トップ当選は新人の本淨敏之氏で、2位は現職の上原正直氏だった。元職の柏木美治代氏が返り咲き、共産が4年前に失った議席を回復した。
 
 現職の樋口俊博氏は支持が広がらず落選した。
 
 当日有権者数1万367人(男4910人、女5457人)▽投票者数7542人(男3552人、女3990人)▽投票率72・75%(男72・34%、女73・11%)▽有効7468票▽無効74票。