徳島県は17日、燃油価格や物価高騰対策を盛り込んだ36億1400万円の2022年度一般会計補正予算案を発表した。新型コロナウイルス禍に加え、ロシアのウクライナ侵攻などの影響を受けている中小・小規模事業者や農林漁業者への支援が柱。補正後の累計額は5314億4800万円となる。18日の県議会臨時会に提案する。

 中小・小規模事業者への対策には計17億5千万円を計上した…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。