中国に住む北朝鮮籍のIT技術者が、他人名義で日本のスマートフォンアプリの開発を請け負い、報酬を得ていたことが18日、神奈川県警への取材で分かった。県警などは同日、IT技術者に報酬を不正送金したとして、銀行法違反(無免許営業)の疑いで名義を貸した知人の韓国籍の男(57)=横浜市=を、同ほう助の疑いで送金を仲介した技術者の親族の女(75)=東京都北区=をそれぞれ書類送検した。

 北朝鮮は国外のIT人材を使って外貨を稼いでいると米政府などが指摘。県警は、IT技術者が報酬の一部を北朝鮮に送っていた可能性があるとみて捜査する。