18日、フィンランドとスウェーデンからNATOの加盟申請を受けたストルテンベルグ事務総長(中央)=ブリュッセル(ロイター=共同)

 【ブリュッセル、ストックホルム共同】北欧のフィンランドとスウェーデンは18日、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)に正式に加盟申請した。2国のNATO大使が申請文書を提出。ストルテンベルグ事務総長は加盟申請を「温かく迎える」と述べた。

 ウクライナ侵攻でロシアの脅威が強まり、これまで伝統的に軍事非同盟を維持してきた2国は政策を全面転換した。NATO加盟には全メンバー国の合意が必要だが、トルコが加盟に難色を示しており、曲折も見込まれる。

スウェーデンのアンデション首相は17日、フィンランドのニーニスト大統領との共同記者会見で、2国の緊密協力が「極めて重要だ」と述べた。