【ニューヨーク共同】ブリンケン米国務長官は18日、国連本部で食料安全保障に関する閣僚級会合を開催し、ウクライナ戦争によって深刻化が懸念される食料危機を回避するための取り組みを「強化させる必要がある」と訴えた。