三重県議会は19日、差別解消に向け、人権問題への対応を県の責務として規定した条例案を全会一致で可決した。県議会によると、差別事案で県が当事者間の仲裁役として介入できるようにした条例は全国で初めて。