パイレーツ戦の4回、二塁打を放つカブス・鈴木=シカゴ(USAトゥデー・ロイター=共同)

 ▽カブス―パイレーツ(18日・シカゴ)

 カブスの鈴木は「4番・右翼」でフル出場し、3打数1安打、1得点。内容は四球、右越え二塁打、左飛、空振り三振で打率は2割5分7厘。

 パイレーツの筒香は「7番・一塁」でフル出場し、4打数無安打だった。内容は空振り三振、投ゴロ、中飛、二ゴロ失策で打率は1割6分7厘。パイレーツが3―2で勝った。(共同)