【ロサンゼルス共同】米国立公園局は18日、アラスカ州のデナリ国立公園に位置する山、ハンターで、日本の登山者が滑落し死亡したと推定されると発表した。神奈川県から訪れた43歳の男性とみられる。米メディアが伝えた。

 救助要請があったのは17日深夜。標高約2400メートルのキャンプ付近で氷の足場が崩れ、ロープも外れてクレバス(氷河の割れ目)に滑落したという。クレバスは大量の雪や氷で埋もれており、現場の状況から死亡したとみられると判断した。

 国立公園局は後日、現場の捜索が可能かどうかを改めて調査するとしている。