立憲民主党の泉健太代表は20日の記者会見で、週刊文春に女性記者へのセクハラ発言を報じられた細田博之衆院議長について「事実であれば資質に疑念がある。細田氏が自ら説明すべきだ」と求めた。衆院議長不信任決議案を提出する可能性の有無を問われ「あらゆることが考えられる」として、否定しなかった。

 国会議員の定数増を主張した細田氏の発言に関しても「国民感覚からずれている」と批判した。