工場見学にVR(仮想現実)やビデオ会議システムを導入する県内企業が増えている。新型コロナウイルス禍で、顧客を招いた見学が難しくなっているため。通常は部外者立ち入り禁止の場内を歩き回れたり、リクエストに応じて設備の細部に迫れたりと、オンラインならではの工夫を凝らしている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。